「第51回ふくろ祭り」                 「第19回東京よさこい」開催!

2018年9月22日(土)・9月23日(日)池袋では、
ふくろ祭り「御輿の祭典」が開催されます
初日の22日(土)は池袋西口公園ステージで「ふくろ祭り前夜祭」
として「池袋鼓楽」による太鼓ショーにて開幕
オープニングセレモニー、ダンス等で会場を盛り上げます
23日(日)は「御輿の祭典」夕方からはハイライトの
「宵御輿大パレード」が行われます。
約4000人の担ぎ手が池袋の街を練り歩く様は圧巻です。

IMG_1435
IMG_1445
そして10月6日(土)・7日(日)は「踊りの祭典」が開催されます。
6日(土)の前夜祭では、池袋西口公園・池袋西口駅前広場で
江戸芸かっぽれ・池袋やっさ踊り・沖縄エイサー等さまざまな
踊りが披露されます

IMG_1520
7日(日)には、恒例の「東京よさこいコンテスト」が開催され
今年は110チームが「よさこい大賞」を目指し熱き戦いを繰り広げます

IMG_1533
IMG_1535 - コピー
よさこいは池袋だけでなく、巣鴨・大塚・目白会場でもご覧いただけます。
是非見に来てください

また、池袋西口公園では、10月6日(土)・7日(日)両日ともに
豊島区友好都市の観光物産展も開催されますのでそちらもお楽しみに

スケジュール等の詳細は、ふくろ祭りホームページをご覧ください
https://www.yosakoitokyo.gr.jp/fukuro/index.htm

池袋に大仏が出現

「都心の中の山寺」コンセプトに、南池袋にある日蓮宗松栄山仙行寺の本堂ビルが開苑されました。
180829daibutu-2s[1]
外装寺院には建築の伝統的な素材の銅製スキンで覆い、その内側に桜を含んだ数々の木々を植樹することで緑をまとった外観となっています。

その1階に高さ4.6m、総重量1.5tの木造の”池袋大仏”が安置されています。

IMG_3074
この大仏様の特徴は、お釈迦さまが空中に浮いているように見えることです。

建立された朝比奈住職は、「大都会にいながらにして、ある懐かしさを感じられるような憩いの場。日々生活してたまった汚れを、手を合わせてほっとできるような場にしてほしい」とのお話しです。
IMG_3076
池袋大仏は毎日、午前10時から午後5時まで誰でも自由に参拝できます。拝観は無料で、靴を履いたままで拝観できます。

また、大仏様のお隣には、雑司ヶ谷七福神の「福禄寿」が安置されており、七福神めぐりも楽しめます。


仙行寺住所:東京都豊島区南池袋2-23-4 
                      池袋駅「39」番出口から徒歩約3分
                   電話:03-3982-4566

第46回東京大塚阿波おどり


DSC_0001

















8月25日に、豊島区三大祭りのひとつ、「第46回東京大塚阿波おどり」が開催されます。
午後4時から大塚駅南口駅前広場でオープニングセレモニー、その後十文字学園ブラスバンド部のパレード。阿波踊りは午後5時から、17連、選任を超す踊り手が南大塚通りいっぱいに自慢の踊りを披露します。
踊の熱気は午後8時過ぎまで続き、最後は全連参加の「乱舞」で大盛り上がりのフィナーレを迎えます。

DSC02574_edited-2
「東京大塚阿波おどり」は、昭和46年に始まって以来、大塚の夏の風物詩となり、来場者は15万人を超えるビッグイベントとなっています
プロフィール

TTIC

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ