巣鴨のしゃれた場所紹介:『にしすがも創造舎』に行ってきました

3月5日、あいにくの雨でしたが、池袋から明治通りを王子方面へバスに乗り、西巣鴨で下車。交差点を左折。広々とした白山通りに面して、すぐに校舎が見えてきます。この校舎は、2001年閉校した朝日中学校。「にしすがも創造舎」として、2004年8月、再出発しました。
201203-01 戦前『大都映画巣鴨撮影所』があったところで、記念碑があります。
 スタッフの陽さんと米原さんにお話を伺いました。
 都内での確保が難しい、演劇やダンスの恒常的な稽古所としての使用されることを目的に創られた『にしすがも創造舎』。アーティスト、子ども達、地域の人達がものを創りだす「アート・ファクトリー(=工場)」としても活用されています。豊島区文化芸術創造支援事業の一環として、「アートネットワーク・ジャパン」と「芸術家と子どもたち」の2つのNPOが共同で管理運営をしながら、子どもたち向けのワークショップや読み聞かせ・地域の人々とのアーティストによるプロジェクトなどを行っているとのことです。
 例えば『グリグリ・プロジェクト』。“グリーン(植物)とアート”をテーマに、畑作りを通じて大人から子どもまで幅広い交流を生み出そうとする試み。正門を入ると、左右に畑とガーデンが一体となったかわいらしい畑があります。夏には『にしすがもアート夏まつり』。地域の人々と子どもたちが、アートを体感しながら発見や交流ができるよう、様々なプログラムが組まれています。また、親子や家族で一緒に楽しめるワークショップや絵本の会などもあり、これらのイベントは「広報としま」に掲載されることもありますし、HPを見ると詳しく知ることもできます。
 もう1つの大切な機能は、撮影場所の提供。校舎は当時のままなので、教室や音楽室・家庭科室・廊下などが撮影に使われています。しかし演劇やダンスの練習がメインの場所ですので、振動や大きな声がしていてもあまり影響のないプロモーションビデオや、スティール撮影が多いとのこと。体育館は改修され、窓には暗幕が張り巡らされ、冷暖房完備。天井には、照明を吊るための機構が取付けられ、本格的な舞台設備が整っています。館内にスタジオを造り、撮影が行われたこともあるとか。校門からロングタイプのトラックも入れるため、関係者も便利だろうなと思いました。
 帰りに、校舎1階にある『カモ・カフェ』でお茶をいただいてきました。ここは、以前子どもたちの靴箱が並んでいた入口だったところで、間仕切りとして体育館のステージに使われていた深紅の緞帳が下がっていました。図工室で使われていたあの重い四角い木のテーブルと椅子も置かれ、午後にはミニ音楽会が開かれるらしく、ビブラフォンなどが並んでいました。
©Osamu Kurihara
おしゃれな「カモ・カフェ」
201203-02
201203-03 子どもも大人もゆったり。
お茶だけでなく軽食も楽しめます
トイレもアート! 201203-04
 校庭は、今も地域の子供たちが自由に遊べる場として開放されています。近くの保育園児たちが毎日遊びに来ているそうです。近所の住民の中には校庭を横切ったほうが便利という人も多いらしく、尾瀬国立公園の木道のように板の道が引かれていました。そして、木の皮で葺いた『カモフォリー』が! 雨にけぶるそんな風景を見ながら音楽を聴く…もう少し居たかったです。ちょっとしたところがかわいい! おしゃれ! と感じました。
さて、にしすがも創造舎を出て白山通りに沿って左に進むと正法院。その近くにはお寺がいくつか。幕末の侠客で、江戸火消しの頭で有名な新門辰五郎の墓のある盛雲寺。「東海道四谷怪談」のお岩様の墓のある妙行寺など。さらに先には、桜の名所染井霊園が広がる。染井地域はソメイヨシノ桜の発祥の地。白山通りをはさんで左側に、とげぬき地蔵で有名な高岩寺。そこから巣鴨駅方向には“○○○ちゃんの原宿”と呼ばれる賑やかな商店街が続いています。
 広くまっすぐな白山通りの両側に大きなビルやマンションが並び、明るく近代的な街を感じさせてくれますが、1本中に入ると、ずーっとずーっと昔を大切に引き継いでいる不思議なところ、という感じがしました。
カモフォリーの裏側は
どうなっているのかな?
201203-05
201203-06 撮影用としても活用されている教室。

西部区民事務所(2012年10月上旬に移転予定)に行ってきました

 1月30日、陽射しは明るいのですが寒い中、自転車を飛ばして西部区民事務所へ行ってきました。
 池袋西口東武デパート前の大通りをまっすぐ進むと、左手にミステリー文学資料館のある光文社。江戸時代に代々刀の試し切りを職業にしていた山田浅右衛門や、漫画家石ノ森章太郎の墓があるおおきな祥雲寺を通り過ぎると、山手通りとの交差点。さらにまっすぐに進むと、やがて左手に豊島区立熊谷守一美術館に行く道を示す看板があります。もう少し進み左折すると、目指す西部区民事務所のある旧平和小学校が見えてきました。
 平成11年、平和小学校は近くの要小学校に統合され廃校になりました。現在は、豊島区役所の西部区民事務所として使われています。
 地域振興係の石原さんと後藤さんに話をお聞きしました。
 まず、大塚にある東部区民事務所と同様、ここ千早にある西部区民事務所は区役所業務を行っています。お客様が次々といらして、窓口は忙しそうでした。
image03
 次に、体育館・音楽室・図書館・校庭などを登録団体や一般の方々に貸し出す業務も行っています。サークル活動などに活発に使われているようでした。体育館は午後から小学生・中学生に開放されていて、放課後の遊び場所として利用されています。また、利用者や地域の方の協力で、夏祭りやファミリーコンサートが開かれたこともあるそうです。
 また、ここ西部区民事務所は、前回紹介したみらい館大明と同様、撮影施設として使われています。ドラマを見ていて、撮影協力のところに「豊島区西部区民事務所」の文字を見た方もきっといらっしゃると思います。結構有名な俳優が出演している、メジャーな番組の撮影なども行われているようです。少し前にやっていた「ハガネの女」もここで撮影されたそうで、わざわざ広島から見に来た熱心なファンもいらしたというお話でした。ちなみに、近くの千早フラワー公園や千早公園でも撮影が行われることがあるそうです。
 教室などを見せていただいた後、屋上に出ました。ここ千早地区は住宅街なので高い建物がなく、ずぅーっと遠くまで見通せました。左には新宿のビル群が、正面には中野サンプラザが、すぐ近くに見えました。遠くには、なんと富士山の稜線も見えました。
image02
 帰り道、門を出たら左に鳥居が見えました。粟島神社です。境内には池がありますが、谷端川(やばたがわ)の水源地でした。今はもう暗渠となり、跡地は緑道になっているところもあります。昔、この辺りはうっそうとした森で、この池には白蛇が住んでいたという伝説があります。
 大都会池袋のすぐそばに、まだまだ小さなむかしが残っているんだなぁと、なんだかほっとしながら帰ってきました。
image04

image01
*図書館や教室には、撮影用として本やランドセルがならび、今にも子供たちの声が聞こえてきそうでした。
 

みらい館 大明

 暮れも押し詰まった12月21日、「みらい館 大明」に行ってきました。

 玄関を入るとパンフレットがところせましと並べられ、掲示板にはサークル募集やイベントの案内がたくさん貼ってありました。(イベント情報はこちら)スタッフの阿部さんに校舎内を案内いただき、一階の教室の前を通り過ぎ、2階への階段を登って行くと、ステキな歌声が聞こえてきました。体育館で「ミュージカル アニー」の全体練習をやっていました。毎年練習場に使っていて、地域の人々にリハーサルを無料公開しているそうです。ある教室をのぞいたら、黒板の上や横に「あいうえお一覧表」が貼ってあり、子を持つ親としてはなつかしい風景でした。廃校前は、一年生の教室だったそうで、そのまま残してありました。

その後、理事長の杉本さんと副館長の荘司さんを交え、お話をお聞きしました。

 平成17年3月廃校になった豊島区立大明小学校は、同年10月から地域有志で構成される「NPO法人いけぶくろ 大明」が管理・運営する「みらい館 大明」に生まれ変わりました。地域のサークルを中心に教室・体育館・校庭等を貸出し、1000以上の団体が登録、活動の拠点としているそうです。また、撮影用に施設を貸出し、結構、全国ネットのメジャーな番組にも使われているようです(施設利用者はこちら)。一般利用者の出入口とは違うので、有名人に出会わすことは残念ながら少ないようです。

 みらい館大明では、子どもの健全育成、若者支援、生涯学習、国際交流の4つを軸に自主講座やお花見会や映画会等のお楽しみ会を開催。そしてそれらは、地域の人々や館の利用者達の協力があってこそ。小学校時代から、「なにかあるとすぐに駆けつけてくる」ご近所の強い絆が、今も続いているのだそうです。

 地域の協力もさることながら、理事長の杉本さんや周りの若いスタッフの方々の前向きなパワーを強く感じました。

「みらい館 大明」ホームページ
みらい館大明01
みらい館大明の成り立ちを語る 杉本理事長

みらい館大明02
「あいうえお一覧表」がある教室

 


livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ